電磁波対策(パソコン|携帯電話|オール電化等)の電磁波除去「なぎつじシンパシーステーション」    ■サイトマップ■
メールでのご質問
お問合せは↓
HOME 概要 スタッフ紹介 地図 料金・予約 個人情報保護 陽子のブログ
シンパシー施術 気について 施術事例 施術の流れ ご利用者の声 Q&A
  HOME>ご利用者の声
このページでは、お寄せいただいたお言葉を全文掲載させていただいています。
よろしければお読み下さいませ。
当サイトで掲載させていただいています「お写真」「コメント」等は、全てご本人(ご両親)の許可を
いただいております。
京都府 中井 義子 様

平成22年7月に少量の不正出血が有り、それが始まりでした。
すぐに検査に行きました。
体癌の疑いで大学病院受診を言われて10月に入院し、28日に手術をすることになり、子宮・卵巣・リンパ節(3ヶ所)を全摘しました。癌細胞が転移しやすいということで抗癌剤治療を6回することになりました。

12月3日1回目、12月24日2回目。抗癌剤点滴治療は何事もなく終わりました。
翌年1月4日3回目が終わる頃から、体中の毛が抜けたり、食べ物の味が分からなくなり、吐き気を感じ食べられなくなって水だけになりました。又、便秘もひどくなって1週間できない事も度々でした。下剤も効かない状態でした。
2月4日の4回目の抗癌剤は、始まると同時に口内炎が3種類、ガンジタも喉の奥まで広がりました。白血球が造れなくなって抵抗力が落ちたのです。白血球を上げる薬を毎日一週間注射しましたが回復しません。そのうち、輸血する事になり、血小板・全血3本しました。体重は30s台になっていました。

私は自分で最悪の状態だと思い、抗癌剤治療を続ける自信がなくなり家に帰ろうと決心しました。自分から退院を申し出て2月23日に退院しました。残っていた2回の抗癌剤治療を中止したのです。

それから、知人に勧められていた東洋医学に頼ってみようと思い、足元をふらつかせながら藁をもすがる思いで山科にあるなぎつじシンパシーステーションに行きました。
施術を受けてみて、体が温かくなり、どことなく気持ち良く感じたので続けてみようと思いました。
2〜3月は週3回、4月は週2回と今は週1回の施術に通っています。
抗癌剤治療による副作用とはこんなにも強くいろいろな症状が出るとは分からなかったことを悔やんでも仕方ないのですが、病院側の説明が不充分な面も有るように思われます。

5月頃から、口内炎が消えて、毛髪が生え、食欲も出てきたり急速に元気になってきました。東洋医学のおかげだと本当に思っています。
自主退院してからは大学病院へは検査に二度行きましたが、血液検査の結果は異常もなく過ごせています。
シンパシーステーションの下田先生はいつも「出会いに偶然は無い。必然です」と言っていただいていて、心に染み入る言葉です。

たった4回の抗癌剤治療でしたが、その副作用の強さを体験しました。
東洋医学のシンパシー施術に出会えたことに感謝です。
京都府 黒岩 扶紀 様

2010年の8月初めに子宮癌の手術をしました。
術後、抗癌剤治療を受けました。

私の場合、抗癌剤は効かないかもしれないと言われましたが、何とか2011年の1月に6クールの治療を終えました。ただ、副作用の手足の痺れとリンパ浮腫に悩まされました。

そんな時、抗癌剤治療の副作用に苦しんでいた知人に5カ月ぶりに会い、彼女の元気さと回復ぶりに驚かされました。彼女はシンパシー施術を受けていました。そこで、彼女に紹介してもらい、シンパシー施術を受けることにしました。当初は週二回、今は週一回通っています。

肩こりがなくなり、リンパ浮腫も少しずつ緩和されたようです。
私自身はシンパシーを紹介してくれた知人に感謝し、週一回の施術を続けていきたいと思います。
京都府 高見 幸枝 様

成18年、食道癌にて全摘出、転移も2ヶ所ありました。
手術は成功したものの、今後の不安が強くあり、シンパシー施術を受ける事で安堵すると共に意欲も出てきました。
シンパシー施術に出会う事がなかったら、今の私はいなかったと思います。

下田先生に体を預けて、この3月で丸6年無事に迎える事が出来ました。定期的に現在も施術を受け続ける事で転移も見られず仕事にも励め生きる喜びを感じています。
京都府 亀岡市 竹田幸市 様 (37歳男性)
今年の3月からつきに2回、電磁波除去をしてもらいに来ています。
パソコン作業が多い仕事ですので知らないうちに電磁波が溜まっているようで、イライラする事が多かったのですが、最近では少しマシになってきています。
それから、定期的に血圧を測っているのですが、いつも血圧値が高い方が140近くあったのが、電磁波除去を始めてから125前後に安定していて、ビックリしています。
電磁波除去だけでなくて、血圧の数字で表れて、これからもつづけようと思っています。
それから、仕事の仲間にも電磁波除去ができるシンパシーステーションを教えてあげようと思っています。
京都府 京都市  前川 秀喜 様 (3歳男の子)
秀喜は運動機能の発達が遅く、ある施設で電磁波の対策を教えてもらった時、秀喜のお兄ちゃんが通っていたシンパシーステーションを思い出し施術を受けさせました。
びっくりしたのですが、施術を受けた数日後に脳圧等の検査に行くと、圧力は下がっていると診断され、電磁波の対策を教えてくれた所では「電気が抜けてる!?」と何度も秀喜の頭を触って首をかしげておられました。シンパシー施術だけの効果とは思いませんが、秀喜の運動機能はあきらかに良くなってきています。
電磁波の対策として、家族でシンパシーステーションに通おうと思っています。
京都府 京都市  見並 陽子 様 (30歳女性)
その日はデスクワークをした後で肩も凝って、ほど良く疲れていました。私は視力が悪いせいか、日頃から目の疲れと後頭部や首筋の凝りはよく感じます。あと、便秘と軟便を繰り返す複合腹です。
施術は足裏から頭・背筋・もも・お尻やお腹まであってビックリしました!こんなに隅々までしてもらえるとは知らず、足を洗っていませんでした。ベッドは寝心地が良くて、横になるだけで気持ち良かったです。足裏・頭と施術してもらうと、もうかなりリラックス状態になったようで、それまで普通に聞こえていたオルゴールの音が大きく、早く聞こえるように感じました。音量を下げてもらおうかと迷っているうちに、ウトウトとまどろみました。最初は手足の先が冷たかったのに施術してもらった所からほの温か〜くなりました。
そういえば、はじめ頭をしてもらった時、棒が冷たいなと思いました。足は元々冷たかったので気になりませんでしたが、棒がぬるかったら嬉しいと思います。でも棒も温まって、先生の手も温かかったので寝てしまいました。自分のいびきで起きたくらいです。以前に「施術ってこんな感じ」ってしてもらった時は座った状態だったので上から下という気の流れが想像しやすかたのですが、今回は初めから横になった状態でしてもらったので、最初は上・下・横が混乱していましたが、すぐ慣れました。気の流れのような、血液の流れのような、安定した感じを体験するっていいもんだなぁと思いました。不思議な事に、体の半分を施術してもらったとき、してもらった方だけが軽かったです。体が傾いている様な感覚でした。2時間近くもしてもらったのにあっという間でした。終わってしばらくはフワフワした感じで、体の芯から熱がほんわかと湧いてきました。自分の体が、どこも無理してない、余分な力の入ってない感じでした。普段は色んな負担を体にかけているなぁと思いました。施術後3時間でどっさり便が出ました。そのまた3時間後にも便通があって、とてもスッキリして嬉しかったです。先生、ありがとうございました。
京都府 京都市  前川 健人 様 (4歳男の子)
健人は3歳ごろから落ち着きがなく、常にイライラして怒っているので心配していました。
シンパシーステーションは友人からの紹介で知ったのですが、シンパシー施術は電磁波を除去するという説明を聞いて健人には関係ないと思いましたが、せっかく行ったので施術を受けました。先生に言われたように施術前と施術後に健人の体を触り、比べて驚きました。
施術前は足も頭も固かったのが、施術後には足は柔らかくなり、頭は頭皮がかつらのように動くほど柔らかくなってました。この時に電磁波や気は存在し、停滞するんだと信用できました。施術を受けた日は健人はよく眠り、翌日には少し落ち着いたような気がします。相変わらずイライラはしていますが私の言う事を最後まで聞いてくれることが増えたような気はします。電磁波の影響を完全に防ぐのは難しいと先生が言っていたので、電磁波を除去する為に定期的に通いますので宜しくお願いいたします。
京都府 京都市  生熊 香渚 様 (30歳女性)
先日はありがとうございました。
当日施術の途中から体が軽くなっていくのはわかったのですが、まさかこんなにも違うとは・・・一週間たって体の疲れ方が全然違うんです!ここ最近妙に疲れやすく、仕事が続くとなんとなくだるーい感じと体調の悪さが目立ってきてたんです。
たしかに説明があったように、次の日はやたら眠たくって、肩の辺りが肩こりの時の痛さとはまた違った痛みがあって、ちょっとだるかったんですが、それもいつの間にか消えていました。仕事をしながら肩がこっていくなぁ・・・と言う感覚を久しぶりに感じながらも一晩寝ると不思議とましになる。今週は久しぶりに仕事も忙しく、7日間勤務が続いたり、珍しく残業したりといつもよりしんどくなる要因は多かったのにもかかわらず、いつもよりも元気とは・・・本当に行ってよかったと思います。またひどく溜めないうちにお願いしたいと思います。本当にありがとうございました☆
京都府 京都市  伊藤 照男 様 (42歳男性)
知人からの紹介でこちらを知ったのですが、正直不安が多かったです。施術中も特に何も感じず、これで本当に電磁波が除去でき、頭痛がマシになるのかと疑問を感じてました。不安に思いながらも、途中でいつの間にか寝てしまっていたのは自分でも不思議です。施術が終わり起きてみた時に、頭と体が軽くなっているのがすぐにわかり、この施術のすごさを感じました。施術を受けてから頭痛は一度もありません。ありがとうございます。またしんどくなったら施術を受けに来ます。
京都府 西田 有加 様 (23歳女性)
私の仕事は一日中パソコンと向かい合う仕事なので、ここ数年、目の奥が痛くなり、そこから頭痛が起こったりと、とてもつらい毎日を送っていました。
座っている事がほとんどで、ひどい足のむくみ、肩のこり、腰痛と・・・この歳で!?と驚きになられるかもしれませんが、日々こういった症状に悩まされていました。
これでは気分もふさがり、大切なときにやる気がでなかったり・・・。これではいけない、改善しなければと思い、アロマエステに通ってみたり、薬を飲んでみたりと色々試していました。しかし、改善するどころかストレスが溜まる一方でした。
アロマの方は週に2〜3回予約を取って行かなければいけなく、そして費用はとても高額。仕事をしている私には時間もなく、高額な費用の条件はとてもきついものでしかありませんでした。
そんな時、シンパシーステーションの陽子先生とお話をさせていただく機会があり、シンパシー施術を勧めていただきました。最初に「気を流す」と言われた時は聞きなれない言葉でもあり、理解するまでに難しかったですが、陽子先生が親身になって説明をして下さったり、体の事を聞いて下さる姿を見て一度受けてみたいと思いました。

本当に不思議な90分でした。
横になり、リラックスさせてもらい、先生が一ヶ所一ヶ所丁寧に気を流してくださる・・・。本当に気持ちが良くて気がついた時にはあっという間に90分が過ぎていました。あんなにかたくてカチコチだった肩も首も、痛くて仕方なかった目の奥も顔も頭も・・・。嘘のように痛みが取れていました。それどころか体がスッキリという体験をしました。
陽子先生に「肩を触ってみてください」と言われ触ってみますと・・・フニャフニャになっていました。あまりに柔らかくなっていたので思わず笑ってしまいました。
不思議ですね、体の痛みがとれたら、ふさぎ込みぎみだった心もスッと晴れています。
改めて体と心は一つなんだと感じました。

私の母も肩こりや腰痛に悩まされていますので一度連れて来たいと思っています。母にもこの事(シンパシー施術)を話したらとても興味を持ちましたので。
シンパシーステーションの良い所は施術もそうですが、自分の事のように私の体の事を精一杯考えてくださる先生がいるということです。表面だけのシンパシーとかそんなのではなく、心で会話をして下さる先生方がいるのできっと改善が早いんだと思います。
陽子先生、本当にありがとうございました。先生の温かいお心がとても伝わってきました。陽子先生に出会えて、シンパシーに出会えて心より感謝しております。
今度は母と一緒に伺おうと思っていますのでどうぞよろしくお願いいたします。
京都府 中村  様 (18歳 男性)

椥辻シンパシーステーションに通い出し、1年とちょっとが過ぎました。僕は通い出す前からアレルギーで、痒くても掻けず、掻くと皮膚がめくれる。そんな状態が2ヶ月続いたので辛くて辛くて・・・。「うつ」になりかける寸前でした。そんな時に出逢ったのがシンパシー施術です。聞くところによると「金属の棒」で体をなでて治すとか・・・。初めは不安でした。施術室に入ってみても、僕にとっては異様な雰囲気でなじみにくかったです。施術を受けると何かピリピリしてきて、撫でられると体から何かがスーっと抜けていくような感じがし、頭がスッキリしてきました。施術の前はジュクジュク気味だった体はヒリヒリ感もなくなり、だいぶマシになりました。その日は体の痒みも治まりすごく楽だったんですけど・・・それでも2日後にはまた痒くなりシンパシーステーションへ。それからは週1回は必ず欠かさず通っています。1回でも休むとすぐにしんどくなって・・・。それが1年後の今では体のしんどさはだいぶとれました。
シンパシーステーションに通っていてとても良かったと思います。それでも油断していると
すぐに痒くなってきます。しんどくもなってきます。まだ完治はしていません。これからもずっと通って行こうと思ってます。お金はちょっと高いですが頑張ってみようと思います。
兵庫県 大林 まり子 様(56歳 女性) 

私が「シンパシー」と出会ったのは1年4ヶ月前の事です。
それまでの私は10年前に新築した家によるシックハウス症候群から科学物質過敏症、 電磁波過敏症という病気に苦しんでおりました。(科学物質過敏症、電磁波過敏症とは体内に科学物質、及び電磁波を溜めてしまう病気です。)科学物質の方はアレルギー
専門の先生に出会い、ご指導(食事療法と身の回りから科学物質を排除するなど)を受け、解決策が見つかり体は大変良くなりました。
しかし、電磁波過敏症の方は世の中の電磁波が増えるばかりで目に見えるものでないだけに進行が進み、家庭電話も使えない程になりました。そんな時「気の流れを良くする」療法があると知ったのがきっかけになり「シンパシー」と出会えました。
初回の時の事が今でも忘れられません。1時間半の施術の終わりの方だったでしょうか、左腕のつけ根のあたりから指先に向かって何か得体の知れない「気体の固まり」のような「気体の帯」のようなものが体から出たのです。目に見えるものではありませんので私しか分からない事ですが「すごい」体験でした。明らかに体に溜まっていた何か?
が出たのです。すぐにスッキリしたという感じではありませんでしたが(長年罹っていた病気ですから)、帰りの電車で体が温かくなり眠ってしまった事を覚えております。
電磁波を溜めている体には「これしかない」と思い、それ以来週1回のペースで「シンパシー」にお世話になっております。効果としてはたくさんありますが@髪のつやが良くなった。A体の冷えが軽くなった。B前頭葉がしっかりした。C顔色が良くなった。D活力が出る。E知人から人が違う程に変わったと言ってもらえる。私の場合並行して母の看病がありましたので週1回の施術を心がけ、今では母の看病をしながら私も元気にさせてもらえました。
「シンパシー」に感謝し、施術して下さる先生方にも心から感謝しております。

京都府 山田 和輝 君(7歳 男の子)

2000年10月、私達は下田先生と初めて出会いました。
さて、わが息子は幼稚園の頃多動気味だったので少しは落ち着いてほしいなぁと思っていました。ある事からそれならば「ごしんじょう」を受けてみては?と聞き・・・先生との
最初の出会いです。
下田先生の前で息子が体を横にして触ってもらった第一声が「多動より大変なのは足!足やわ!このままこの子の足をほっておくと足が壊死するよ!この子は足が痛いと訴えていないか?」と言われびっくりしました。そうです!息子は3歳になった頃(2000年に入った頃)から、昼夜問わず足(ふくらはぎ)が痛いと訴えました。関節が痛いと言うのならば成長期とも思えたのですが、何ゆえふくらはぎなのです。夜中は何度も起きて痛がるふくらはぎをさすってあげたり、シップを貼ったり・・・の毎日でした。本当に毎日
なのです!
日頃(痛くない時)はごしんじょうを受けてみようと思うきっかけになったくらいよく動く、元気な子供なのですが、痛くなると親も子も大変です!病院で色々と検査をしてもらいましたが何の異常もなし。いつもそうでした。不安な日々でした。
でも、たった1回のごしんじょうで息子はその日から足の痛みを訴えなくなりました。信じられないようですが本当の話です!それ以来、夜もよく寝てくれ、益々活発に
(?!苦笑)生活しています。これも下田先生、ごしんじょう、シンパシー施術のおかげです。ありがとうございます。あれから4年半・・・。2000年10月に下田先生と出会ってなければ息子の足はどうなっていたでしょうか?ごしんじょう・シンパシーは息子だけでなく、家族にも笑顔を与えて下さいました。本当にありがとうございます。

メールでのご質問
お問合せは→