電磁波対策(パソコン|携帯電話|オール電化等)の電磁波除去「なぎつじシンパシーステーション」    ■サイトマップ■
メールでのご質問
お問合せは↓
HOME 概要 スタッフ紹介 地図 料金・予約 個人情報保護 陽子のブログ
シンパシー施術 気について 施術事例 施術の流れ 施術の流れ Q&A
  HOME > シンパシー施術
シンパシー施術は体内のヘドロ(邪気)を体外へ出すと頭や骨盤の歪みが改善し、頭蓋内圧が改善し、脳が活性化し、全身の免疫力・自然治癒力が高まるというシンプルな考えが土台になっています。
シンパシー施術では伝道率の良い金属の棒(シンパシースティック)を使います。この伝導率の良いシンパシースティックを使う事によって「気」の量・幅が何倍に増えるのです。
尖端はとがっているように見えますが、体をさする時に心地良い刺激になるよう、ほど良い丸みをおびていますので決して痛くはありません
←シンパシースティック (意匠登録 第1309947号)
人間は全て脳からの指令で生きています。頭の形が歪んでいると頭蓋の内圧が均等でなくなり、
脳が圧迫され神経の伝達が悪くなり、体に色々な症状が出てきます。
シンパシー施術では全身の「気」の流れを良くする事で頭蓋骨の歪みや脳を支えている蝶形骨を
整える技術が最大の特徴です。
「蝶形骨」
蝶形骨は脳を支えている骨であり、頭の側頭骨・前頭骨など
皆さんが知っている骨はもちろん、頭蓋骨の各骨のほとんどと
接しています。
前から見ればコウモリのような、上から見れば蝶のような形をして
おり、ちゃんと視神経・静脈・動脈・脊髄などの神経気管が通る
穴がある不思議な骨です。又、ホルモンのバランスにも深く
関わっています。
シンパシー施術の理論には気学的理論と医学的理論に分かれます。ご覧になりたい理論の方を
クリックして下さい。
メールでのご質問
お問合せは→